鉄道会社の融資

鉄道会社は、鉄道財団に対する融資になるため、機動的な資金調達は難しくなります。鉄道会社は、オフィスビルや商業施設運営などに事業を拡大しており、超一等地の立地を生かしていますね。


(1)鉄道会社の特徴

  1. 会社の歴史が長い
  2. 鉄道会社はグループ会社が多い
  3. 子会社が不動産会社やバス会社を経営
  4. 鉄道財団のため担保設定や土地売買が複雑
  5. 鉄道会社は簿価による含み益の大きい資産がある
鉄道会社は、通勤通学や移動のために大きな影響を与えるため、公共性の高い企業になっていることが分かりやすいでしょう。鉄道会社は、バス会社やタクシー会社などの運輸関連事業だけでなく、駅ビル開発やマンション開発など不動産ビジネスも手掛けています。

鉄道会社の特徴は、鉄道ネットワークによる利便性向上するために、巨大な土地を保有して線路を敷設管理しています。鉄道会社が、銀行融資を受けるために土地担保を設定すれば、融資返済に失敗したときに土地を差し押さえられてしまいます。

債権者が、駅間の線路の土地を担保処分してしまえば、電車が走ることができなくなるため社会的に影響が大きくなります。鉄道会社の融資は、鉄道財団に対して融資をするため複雑になりますが、社会的な悪影響を最小限に留められるようにしていますね。
スポンサードリンク

(2)鉄道会社の特徴

  1. 国鉄の上場企業 JR東日本、JR東海、JR西日本
  2. 関東私鉄の上場企業 東急、西武、京急、西武
  3. 関西私鉄の上場企業 阪急、阪神、近鉄、南海
  4. 私鉄の非上場企業 鉄道会社だけでなくグループ企業が多い
  5. 公営の地下鉄など 採算を考えないため黒字路線と赤字路線の差が激しい
鉄道会社は、巨大企業グループを形成しており、聞いた事のある有名企業が多いと思います。旧国鉄は、JR3社が上場して多額の利益を計上しており、2016年にJR九州の上場が予想されています。

旧国鉄と私鉄を比較すれば、東京都市圏や大阪都市圏の上場企業があり、日本の都市開発に大きく貢献してきました。鉄道会社は、ネットワーク効果の大きい業種であるため、関東は私鉄の相互運転により利用者や株主利益の最大化に成功しています。

鉄道会社は、地方の鉄道会社もグループ企業や土地保有が多いため、地元経済に与える影響は大きいことが特徴です。鉄道会社の例外は、自治体が高コストの地下鉄敷設に失敗してきたため、利用者負担や税負担による不良債権が社会問題になっていますね。

(3)鉄道会社の資金需要

  1. 新型車輌の購入
  2. 鉄道施設メンテナンス
  3. 駅前マンションの再開発
  4. 駅前再開発によるオフィスやホテル建設
  5. 鉄道会社は沿線の利便性向上により利益を増やすことができる
  6. 鉄道会社は駅や駅周辺の超一等地を保有しており利益化に成功している
鉄道は、車輌を購入したり線路を敷設するだけでなく、メンテナンス工場や信号などの関連設備が必要になります。鉄道会社が、電車の運転だけに特化していれば、融資返済が難しくなり株式市場からも評価されていないでしょう。

鉄道会社の魅力は、巨大ターミナル駅の周辺に土地を保有していたり、駅中や駅上の商業施設は競争力が非常に高いことです。JR東日本は、ターミナル駅の収益化に最も成功している鉄道会社であり、アトレ運営や超高層オフィスの建設を進めています。

JR東日本は、新線開発と新駅設置を組み合わせる手法も行っており、上野東京ラインを新設することにより山手線の車輌基地を移設可能になります。JR東日本は、品川駅から田町駅の間に新駅設置ができるため、鉄道会社は本業への投資を続けることにより企業価値を最大化できることを証明しました。

(4)駅前開発や道路改修による土地売却

  1. 鉄道会社は大量に土地保有
  2. 国が道路や歩道の拡張工事をする
  3. 自治体が駅前や周辺の再開発をする
  4. 鉄道会社は土地売却による利益を得られる
  5. 鉄道会社は駅周辺の利便性向上により利益がある
鉄道会社は、土地を大量に保有しているうえに、歴史が長いため簿価による安値のものが多いです。国や自治体が、道路や歩道の拡張工事を行ったり、駅前の再開発を行うためには鉄道会社の協力が不可欠です。

JRのターミナル駅は、難波から梅田、天神から博多のように市街地の中心地になることに成功してきました。JRや自治体は、都市機能向上のために再開発を続けており、JRは一番利益を得られる会社になっていますね。

鉄道会社は、土地売却により利益を得られるだけでなく、駅機能の向上により資産価値を向上させることができます。鉄道会社が、超高層ビルや商業施設を駅内に開業すれば、再開発による集客力の強化による利益を増やすことが成功しやすいでしょう。

(5)鉄道会社の経営悪化は再開発失敗

  1. 地方の私鉄
  2. ターミナル駅に駅ビル建設
  3. 駅ビルのテナントに百貨店を誘致
  4. そごう倒産によりテナントが空洞化した
  5. イオンモールなどの巨大モールが地方に増えた
地方の鉄道会社は、JR東日本や東急のように巨大ターミナル駅がないため、不動産投資が経営悪化に繋がっています。地方の私鉄は、ターミナル駅に駅ビルを建設して、百貨店を誘致することが流行になりました。

大手百貨店は、そごう倒産が話題になっただけでなく、地方事業のリストラを積極的にすすめてきました。地方の私鉄は、大規模小売店舗立地法による環境の変化も直撃しており、イオンモールなどの巨大モールが顧客離れになっています。

巨大モールは、地方の広大な土地に大型施設を建設するだけでなく、数千台の無料駐車場を設置しています。地方の鉄道会社は、高リスクローリターンの駅ビル建設をするよりも、駅前の小型マンション開発を続けたほうが着実だったというのは後知恵なのでしょうかね。

(6)社債や電子マネーの影響

  1. 鉄道会社は借入が多く融資は時間がかかる
  2. 鉄道会社は社債調達できれば投資が機動的になる
  3. 鉄道会社は電子マネーにより無利子の資金を大量獲得
  4. 鉄道会社は電子マネーにより商業施設の決済の利便性向上
  5. 鉄道会社は電子マネーによりクレジットカード会社への支払手数料減少
鉄道会社の財務は、負債が多いことに特徴があるだけでなく、新規融資も鉄道財団のため複雑になりやすいです。鉄道会社は、上場による資金調達のメリットが大きく、社債発行は資金使途の制約も少ないことが理由ですね。

電子マネーは、鉄道会社の事務コストを大きく低下させただけでなく、新しいビジネスチャンスを生み出しました。鉄道会社は、切符の販売を現金商売で行ってきましたが、電子マネーは前受金として無利子の資金を大量調達する効果があります。

JR東日本はPASMO、JR西日本はICOCAを大量に発行しており、商業施設での決済は利便性が大幅に向上しました。JR東日本は、駅中ビジネスの拡大を続けており、グループ内の経済圏を拡大させ続けています。

電子マネーは、小銭の管理が不要になるため、顧客は買い物に対する抵抗感を減らすことに繋がりました。鉄道会社は、電子マネーの利便性向上を続けており、クレジットカード機能を持つ電子マネーも登場していますね。
スポンサードリンク

関連記事・:


0 件のコメント :

コメントを投稿

最近の記事
Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。 ユーザーは広告のオプトアウト ページ
で Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます(また、Network Advertising Initiative のオプトアウト ページでも第三者配信事業者の Cookie の使用を無効にできます)。