信用保証協会融資の代位弁済

信用保証協会が保証しているマル保融資ですが、企業が倒産すると信用保証協会が銀行に代位弁済を行います。信用保証協会融資で代位弁済が行われる流れについて見てみましょう。

(1)マル保融資

マル保融資のメリット・デメリットについて見ていきましたが、プロパー融資と異なるのは銀行融資に対して保証を行い、融資先が保証料を支払うことになります。

マル保融資は、信用保証協会が銀行融資に保証を行っているのが特徴ですが、企業が倒産したり業況が悪化すると代位弁済により債権の持ち主が変わります。
スポンサードリンク

(2)代位弁済に該当するもの

  • 企業の倒産
  • 銀行融資の延滞
信用保証協会融資の代位弁済に該当するものは、企業の倒産や銀行融資の延滞があります。銀行融資と信用保証協会の関係について、マル保融資のメリットでまとめましたが、信用保証協会が融資を保証することで銀行は融資を行っています。

(3)銀行と信用保証協会のお金と債権の流れ

信用保証協会融資の代位弁済が発生するときの、お金と債権の流れについて見てみましょう。
  1. マル保融資の実行
  2. 企業の倒産や銀行融資の延滞など
  3. 信用保証協会が銀行に代位弁済
  4. 銀行所有の担保や債権が信用保証協会に移転
  5. 取引先が債務者 信用保証協会が債権者の関係になる
銀行と信用保証協会のお金と債権の流れを、簡単にまとめると上記のようになります。マル保融資の代位弁済が行われると、銀行は債務者と直接の関係はなくなりますので、債権の移転後は銀行担当者に相談しても何も進展を望めません

(4)代位弁済と融資返済

マル保融資の債務者は、信用保証協会が代位弁済を行った場合、銀行から内容証明で債権が移転した通知を受け取ることになると思います。

代位弁済が行われたということは、企業業績はかなり悪化していますが、保証協会と融資返済の交渉を行う必要があります。信用保証協会融資に不動産担保があった場合、不動産の任意売却を求められる可能性が高いでしょう。

信用保証協会の対応は各県によって異なりますが、債権者の権限は強いので担保処分を変な形で回避しないほうがよいと管理人は考えます。

信用保証協会融資の注意点は資金使途ですが、代位弁済が拒否されるうえに、借入の一括返済を求められる可能性もあります。
スポンサードリンク

関連記事・:


0 件のコメント :

コメントを投稿

最近の記事
Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。 ユーザーは広告のオプトアウト ページ
で Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます(また、Network Advertising Initiative のオプトアウト ページでも第三者配信事業者の Cookie の使用を無効にできます)。