私募債のデメリット

私募債は資金調達として有効ですが、銀行融資との違いを理解しなければ、企業の倒産に直結します。中小企業の場合、私募債は銀行が引き受けてになることが多いので、注意が必要ですね。

(1)銀行融資と資金調達

銀行融資による資金調達を考えると、中小企業の場合、プロパー融資とマル保融資が一般的になります。銀行融資の中には、シンジゲートローン融資がありますが、中小企業には馴染みが薄く、銀行との関係が希薄になると言えます。

銀行から資金調達を行うときに、外国為替取引による与信行為がありますが、資金調達に限定すると私募債が有名ですね。
スポンサードリンク

(2)私募債とは

  1. 公募債 大企業の社債など、証券会社を通じて不特定多数が売買
  2. 私募債 少数の投資家が債券を引き受ける
公募債と私募債を簡単に見ると、上記のようになります。公募債は、証券会社を通じて、投資家が売買している社債が有名ですね。

公募債は不特定多数が売買することに特徴がありますが、私募債は少数の投資家が債券を引き受ける点で大きく異なります。中小企業が私募債を発行する場合は、銀行が引き受けることになる場合が多いですね。

(3)銀行融資と私募債の違い

銀行融資と私募債の違いについて、仕組みの面でいろいろな説明がインターネット上で溢れていますが、簡単にまとめてみます。
  1. 銀行融資 資金繰りの状況で融資条件の変化がある
  2. 私募債 資金繰りの状況で変化はない
銀行融資は会社の資金繰りが悪くなると、中小企業金融円滑化法が廃止されるまでは、再度の借入が容易でした。中小企業金融円滑化法の廃止後も、銀行融資は場合によっては、返済条件の交渉が可能と言えます。

(4)私募債の注意点

  1. 私募債の償還資金の調達
  2. 私募債と銀行融資は種類が異なる
  3. 私募債発行は手数料が高い
私募債の注意点は銀行融資と大きく異なり、業績が悪化すると、再度の私募債による資金調達を銀行が断る可能性があることです。

私募債は債券ですので、銀行融資のように交渉によって返済条件を、変更することができません。私募債のデメリットは、この点が業績悪化時に非常に大きくなります。

(5)私募債と倒産

私募債の償還が困難になったときに、銀行融資による資金調達に失敗すれば、デフォルトが発生します。私募債は倒産に直結するのが最大の問題点であり、シンジゲートローン融資のリスクでも銀行とのコミュニケーション失敗が倒産に繋がる事を説明しました。

私募債の発行は、新聞や銀行がホームページでプレスリリースを行うことで、企業の信用力を高めるメリットがあります。私募債のデメリットを考えた上で、私募債による資金調達を考えることが重要になりますね。
スポンサードリンク

関連記事・:


1 件のコメント :

  1. eToro is the ultimate forex broker for new and established traders.

    返信削除

最近の記事
Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。 ユーザーは広告のオプトアウト ページ
で Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます(また、Network Advertising Initiative のオプトアウト ページでも第三者配信事業者の Cookie の使用を無効にできます)。