太陽光発電の銀行融資

太陽光発電の銀行融資にプロジェクトファイナンスを用いたことを、北都銀行が発表しています。太陽光発電は、資金調達ニーズが大きいですので、地方銀行として積極的に参入していることが分かりますね。

(1)銀行融資の担保とプロジェクトファイナンス

銀行融資は、不良債権のリスクを減らすために、担保を要求されることがあります。借手は担保の見返りとして、低い金利やより多額の融資により、資金調達ができます。

銀行融資にはプロジェクトファイナンスがありますが、、担保や返済義務を限定するかわりに、より高い金利と手数料が必要になります。地方銀行は融資先が減少していることが指摘されていますが、プロジェクトファイナンスにより融資先を模索しているようですね。
スポンサードリンク

(2)北都銀行が太陽光発電向けにプロジェクトファイナンス融資

2013年6月28日に北都銀行が、太陽光発電事業を始めとした自然エネルギー関連向け、秋田県内初のプロジェクトファイナンス組成について発表しています。冒頭の画像は、北都銀行のプレスリリースにある、プロジェクトファイナスのスキームです。
  1. 風の王国・潟上(SPC)
  2. 秋田県潟上市 菅原孝次郎社長
  3. 地方銀行単独でプロジェクトファイナンス契約を締結
  4. 北都銀行の融資規模は数億円
北都銀行は、太陽光発電事業への銀行融資をプロジェクトファイナンス契約の締結で行っています。太陽光発電事業は、固定価格買い取り制度により安定した収益が見込める分野であり、注目が集まっています。

(3)事業概要

  1. 秋田県潟上市
  2. 太陽光発電の発電規模 2225kw
  3. 太陽光発電の年間発電量1743Mkwh
太陽光発電の事業概要を見ると、上記のようになります。北都銀行が融資を行う太陽光発電事業は、SPCを設立して、太陽光発電事業で収益を得ることを目的としています。

(4)太陽光発電事業の事業主体とSPC

  • SPCの名前 株式会社風の王国・潟上
  • 事業者 株式会社菅与組、株式会社寒風、株式会社アイセス、株式会社風の王国
太陽光発電事業の事業主体とSPCへの出資者は、冒頭の図表の通りになっています。風の王国は、洋上風力発電所など風力発電のプロジェクトについても注目されていました。

太陽光発電は、再生可能エネルギーという点で共通していますので、SPCを設立して太陽光発電事業に参入したのか気になりますね。太陽光発電だけでなく、事業責任を明確化したいときは、会社から会計上は独立して運営させるということはよくあります。

太陽光発電ファイナンスの不動産担保は、このプロジェクトで取得しているのか気になります。北斗銀行は、太陽光発電の銀行融資によるメリットは大きいですが、太陽光発電設備に担保設定しているのか気になるところです。

(5)北都銀行 融資のメリットとリスク

  • 北都銀行のメリット 融資残高の増加
  • 北都銀行のメリット プロジェクトファイナンスの融資契約締結による手数料収入
  • 北都銀行のメリット 太陽光発電事業は、固定価格買取制度により安定的な収益が見込める
  • 北都銀行のリスク 太陽光発電事業の発電量が見込み以下になる
  • 北都銀行のリスク 買取価格の低下
北都銀行はプロジェクトファイナンスにより、融資を決めていますが、メリットとリスクについては上記のようになります。北都銀行の融資金利や貸出期間は不明ですが、15年を超える貸出期間の可能性もあると思います。

太陽光発電事業の資金調達が盛り上がっていますが、地方銀行が銀行融資にプロジェクトファイナンスを用いたことは、銀行の貸出先増加にも繋がりそうですね。
スポンサードリンク

関連記事・:


0 件のコメント :

コメントを投稿

最近の記事
Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。 ユーザーは広告のオプトアウト ページ
で Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます(また、Network Advertising Initiative のオプトアウト ページでも第三者配信事業者の Cookie の使用を無効にできます)。