制度融資の特徴

マル保融資は、金利が高いと言われていますが、制度融資の特徴について見てみましょう。制度融資は、地方自治体・信用保証協会・銀行が提携して行う融資であり、大阪府は年間の融資実行額が2600億円を超えています。

(1)マル保の特徴

銀行融資は資金調達が困難ですので、信用保証協会の保証枠を活用したマル保が中小企業で活用されます。信用保証協会の融資枠の中には、いくつか種類がありますが、簡単に整理すると以下のようになります。

信用保証協会の融資は、マル保と呼ばれており、中小企業の借入では一般化しています。開業当初や信用力が低いときは、銀行からのプロパー融資は難しいため、制度融資を活用している会社が多くなります。
スポンサードリンク

(2)プロパー融資以外の融資

  1. 通常のマル保融資
  2. 国の政策による緊急保障制度
  3. 信用保証協会と地域自治体と金融機関が提携
プロパー融資とは銀行が高いリスクを負いますので、審査を行ったとしても借り入れに成功するとは限りません。中小企業で、プロパー融資を銀行に断られたとしても、信用保証協会の融資であればお金が借りられるときはよくあります。

信用保証協会の融資には、いくつかの種類はありますが、信用保証協会に相談すれば丁寧に教えてもらうことができます。通常のマルホ融資と、緊急保障制度について見てきましたが、信用保証協会・地方自治体・金融機関が提携している制度融資について見てみましょう。

(3)保証料が高いと言われるが制度融資もある

  1. 制度融資は通常のマル保融資よりも金利が安い
  2. 制度融資のため融資審査はプロパー融資よりも緩い可能性がある
制度融資の特徴について、簡単に言うと上記の通りになります。銀行融資よりも金利は高いものの、マルホ融資よりも金利が安く融資の実行が早い可能性があります。

制度融資は、東京都や大阪府などの大都市であれば、財源が豊富ですので充実している可能性が高いですが、各都道府県や自治体で異なりますので指定金融機関に問い合わせるのがいいでしょうね。

(4)制度融資の条件

制度融資の条件について、東京都であれば東京産業労働局、大阪府であれば大阪府の金融支援にまとめてあります。大阪府の制度融資金額について見てみましょう。大阪府の中小企業向け平成24年度融資実績を見ると、以下のようになっており金額が2600億円超です。
  • 制度融資 263,466百万円
  • 小規模設備貸与等 1,740百万円
  • 大阪府制度融資実績 265,206百万円
大阪府の制度融資実績を見ると、2652億円の規模ですので、かなりの金額であることが分かります。制度融資のメニュー別内訳は、合計金額が合わないですが、そのまま記載します。大阪の制度融資について見てみると、りそな銀行などの融資目標金額がかなり大きいことが分かりますね。
スポンサードリンク

関連記事・:


0 件のコメント :

コメントを投稿

最近の記事
Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。 ユーザーは広告のオプトアウト ページ
で Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます(また、Network Advertising Initiative のオプトアウト ページでも第三者配信事業者の Cookie の使用を無効にできます)。