個人向け融資

個人向け融資は、有担保融資と無担保融資があります。個人向け融資も、銀行によって対応が異なる可能性が高いので、融資を断られても新しい銀行に申し込むことも重要でしょうね。

(1)無担保融資と審査

個人向け融資は、住宅ローンやアパートローンなどの不動産関連融資を除くと、無担保融資のイメージを持つ方が多いと思います。

個人向けの有担保融資は、不動産を担保とする貸し出しが注目を集めていますが、消費者金融が行っていた、個人向けローン事業に注目も集まっていますね。
スポンサードリンク

(2)有担保融資

  1. 住宅ローン 居住用住宅のための借入
  2. アパートローン 賃貸用不動産購入のための借入
  3. リバースモーゲージローン 保有不動産を活用して老後の資金調達
個人向けの有担保融資として、不動産関連をあげると上記のようになります。個人向けの有担保融資は、不動産を活用したものが多いと言えます。

不動産担保融資で代表的なものを3種類あげていますが、不動産担保融資といっても資金使途が大きく異なることが分かります。

(3)融資の審査

融資審査のポイントでまとめましたが、借入を行うためには金融機関の審査を受ける必要があります。金融機関の数は、多数ありますので融資申込みは事実を伝えるのが重要であると管理人は考えています。

融資の審査が通らない場合、別の銀行に融資を申し込むことが重要になりますね。銀行は全て同じ印象を持つ方もいると思いますが、経営方針や経営状況によって大きく異なることが考えられます。

(4)融資審査の通らない理由

融資審査通らない理由についてまとめましたが、銀行は金融庁のマニュアルにより、貸し出しを認められない場合があります。

法人向け融資、個人向け融資ともに不動産担保融資を検討している場合、担保余力が十分にない場合は融資が困難である可能性があります。

個人向け融資で代表的な住宅ローンについて、フラット35審査とデメリットについてまとめました。フラット35は住宅ローン債権を売却するために、債権を定型化する必要があることが、審査の細かい背景ですね。

(5)地域や銀行規模による経営の違い

融資審査の甘い銀行を見ると、銀行の経営方針が違うことについて簡単にまとめました。日本は都市部と地方都市で資金需要が大きく異なりますので、融資金利にも反映されています。

法人や個人向けの融資を問わずに、銀行の経営理念を考えると、銀行の大きさによって返済困難になったときの対応が違う可能性もありますね。
スポンサードリンク

関連記事・:


0 件のコメント :

コメントを投稿

最近の記事
Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。 ユーザーは広告のオプトアウト ページ
で Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます(また、Network Advertising Initiative のオプトアウト ページでも第三者配信事業者の Cookie の使用を無効にできます)。