マル保融資のメリット

信用保証協会が銀行融資に保証を行う、マル保融資について聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。マル保融資は、プロパー融資を受けることのできない中小企業の資金繰りを支える役割があります。

(1)融資金利と限界

銀行融資は、企業の財務状態や担保などによって条件が大きく変わりますが、全ての企業が銀行で融資を受けられるわけではありません。友人関係で考えると、初対面で相手のことがよく分からない場合であっても、信頼できる友人からの紹介であれば一定の信用が担保されるため、信頼できる人間と判断する人は多いと思います。

お金を借りるためには、銀行からの信用力が重要になるため、決算書だけでなく取引先や社長の資産も重要になります。融資の金利は、業績や銀行の競争によっても変化しますが、手元資金は多いほうが倒産しにくいため安心できるという人が多いようですね。
スポンサードリンク

(2)信用保証協会

中小企業が銀行融資を受けようとしても、大企業と比較して信用力が低いため、銀行融資を受けられないことが多いです。
  1. 銀行 貸出を増やしたいが、中小企業の信用力が低く銀行融資を行えない
  2. 中小企業 銀行融資で借りたいが、借りられない
  3. 信用保証協会 銀行融資の信用保証を行うことで、銀行と中小企業のニーズを満たす
信用保証協会は、銀行の融資に対して信用保証を行うことで、中小企業の信用を補完する役割を担っています。

イオン銀行 農業融資のメリットは、イオングループの取引を加味することで、取引先はより有利な調達条件、イオン銀行は貸倒リスク低減が行えそうですね。マル保融資の責任共有制度よりも、一歩進んだ融資になる可能性がありますので、興味のある方はご参照。

(3)マル保融資と責任共有制度

  • プロパー融資 銀行が単独で融資を行う
  • マルホ融資 銀行融資に保証協会の保証をつける
  • 責任共有制度 銀行融資を10割保証から、保証協会8割・銀行2割に変更
  • 緊急保証制度 規定の融資や条件を満たせば、銀行融資を10割保証
マル保融資とは、銀行融資に保証協会の信用保証をつけたものを総称して呼ばれています。プロパー融資は、信用保証協会の信用保証がないため、銀行がリスクを高く負っている融資になります。

マル保融資は、従来、銀行融資に対して100%の信用保証を行っていました。マル保融資は、責任共有制度に変更後、銀行も20%のリスクを負う制度に変更されており、銀行の審査が厳格になったのは自然の流れかもしれないですね。

信用保証協会のマル保融資の緊急保証制度融資は100%の信用保証がありますので、信用保証の枠内であれば、迅速な資金調達が見込めます。融資審査通らない理由を簡単に考えると、担保がなくてもマル保融資は、資金調達に有効となることが分かります。

(4)マル保融資の効果

中小企業の特徴を考えると、大企業よりも経済環境の変化に弱く、例えば取引先の倒産をあげることができます。
  1. 仕入先の倒産による仕入ルートの消滅
  2. 販売先の倒産による売上の減少
  3. 販売先の倒産による売掛金の貸倒
  4. 販売先の倒産による受取手形の貸倒
中小企業でよくあるのは、大口取引先の倒産や経営悪化を理由とする連鎖倒産です。中小企業にとって緊急の運転資金を確保したいときに、銀行はプロパー融資に対して審査が厳格ですので、銀行融資の格付でまとめましたが、一定の格付以下で資金調達は不可能に近いです。

マル保融資は中小企業の資金繰りを支援するうえで、大きな役割を担っていますが、財源は税金ですので貸倒の場合、国民負担となっていることを理解する必要があります。

マル保融資のデメリットは、保証料の負担がありますが、資金調達により資金繰り倒産を回避できるのであれば、メリットが大きいですね。マル保融資のメリットは、信用力の低い会社であっても、多額の資金を借りることができるため資金繰り倒産を防げることです。
スポンサードリンク

関連記事・:


0 件のコメント :

コメントを投稿

最近の記事
Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。 ユーザーは広告のオプトアウト ページ
で Google 広告 Cookie を使用しないよう設定できます(また、Network Advertising Initiative のオプトアウト ページでも第三者配信事業者の Cookie の使用を無効にできます)。